« 未来予想♪ | トップページ | 「終のすみか」 »

1,000円の重み

今日から「後期高齢者医療」保険料の年金からの特別徴収(天引き)が始まります。中には、今までの保険料に比べて負担増となる方もいらっしゃるようです。

私は、ファイナンシャルプランナーという職業とケアマネジャーという職業を両立しているのですが、2つをやっていて痛感するのが、よく言われている「格差の広がり」です。

数千万、億単位の資産をお持ちで、高額な医療保険料と3割の自己負担を支払っておられるお年寄りの方もいれば、全く貯蓄がなく、日々の生活に精一杯の方もいらっしゃいます。

若い方には想像がつかないと思いますが、食費や日用品代として1日数百円で過ごされている方だってたくさんいるのです。

年金生活となった方にとって、保険料などの月々の固定費が高くなるということは、現役世代と比べ物にならないくらい家計を直撃します。

たった1,000円の値上げで、2~3日分の食費を減らさないといけない場合だってありえるのです。

資本主義である以上、格差はしかたないと思いますし、あって然るべきだと思います。

ただ年をとってから、医療費を確保するために食事を我慢しなければならないようなバカな話しがあってはなりません。

そのような格差は是正されるべきでしょう。。。

|

« 未来予想♪ | トップページ | 「終のすみか」 »

ファイナンシャルプランナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412021/20258258

この記事へのトラックバック一覧です: 1,000円の重み:

« 未来予想♪ | トップページ | 「終のすみか」 »