« ようやく… | トップページ | 目指すべき道☆ »

輸入依存

職業柄、65歳以上の方を表すときに、

「高齢者」

という言葉をよく用います。というか、毎日目や耳にします。

ところが私はこの「高齢者」という言葉があまり好きではありません。人生の大先輩に対し、「年齢の高い者」という意味の言葉が、とても失礼なような気がするのです。

一方、「老人」

という言葉もありますが、こちらも「老」という漢字は、お年寄りが腰を曲げて杖をついている姿を描いた象形文字であり、これもまた適切とは思えません。

そこで、最近よく耳にするのが、

「シニア」という言葉…。

なんとなく柔らかい感じがして、私もよく使ってしまいます。

ただちょっと待ってください。なんか引っ掛かりますよね?他に日本語で適切な言葉ってないのでしょうか?

…残念ながら思いつきません。

昔はテレビでやけに英単語を連発するコメンテーターなどを見ていると、「普通に日本語でしゃべれば?」などと思っていたのですが、確かに日本語ではきつすぎて、微妙なバランスを英単語でしか表せない場合ってありますよね?

日本語で適当なものがみつからなければ、外国語に頼ればいい…、

こんなところにも輸入依存体質が表れているのでしょうねぇ。

ちょっと反省。。。

|

« ようやく… | トップページ | 目指すべき道☆ »

徒然ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412021/20566982

この記事へのトラックバック一覧です: 輸入依存:

« ようやく… | トップページ | 目指すべき道☆ »