「終のすみか」

皆さん家を買うときに何を重視して選ばれますか?

立地、デザイン、価格、直感…?

家は人生で最も長い時間を過ごす場所であり、最も快適な空間でなければなりません。

実際に買うときにはいろいろと悩んでしまい、買うと決めた後も、「これで良かったのか」なんて不安になりますよね?

そう思わなかったという人は、よほど気に入った物件に巡り合えた幸せな方でしょう。

さて今日は少し別の角度から、「老後になっても過ごしやすい家」について考えてみます。

「なんでそんな先のこと…、」と思われる方も多いと思います。もちろんそれが最も重要なわけではなく、自分が気に入った家が一番ですので、まあ参考程度に聞いてください。

そもそもバリアフリー住宅ってどうなんでしょう?万が一将来、障害や病気をお持ちになられたとしても、その症状は千差万別です。万人に使いやすい住宅なんてあるはずがありません。

では、何を選んでも無駄かというとそういうわけでもありません。私がお勧めするポイントは、①玄関、②廊下幅、③立地、の3つです。

①玄関

玄関の構造によっては、外出回数が大きく異なってきます。外出しにくい環境にあると、ついつい家に閉じこもりがちになり、足腰がさらに弱くなっていきます。病院に行くのも一苦労なんてことになりかねません。具体的にはやはり段差ですね。戸建住宅の場合、ほとんど玄関上がり框、玄関ポーチなどに段差があります。もちろん全ての段差が問題になるわけではありませんが、形状や階段の向きなどにより、住宅改修ができない場合もあるので注意が必要です。ではマンションなら安心かというと、そういうわけでもありません。例えば風の強いマンションなどでは、重い開き戸は自分で開けれなくなる場合もあります。

②廊下幅

室内の手すりはあった方がいいでしょうか?最初から付いていても問題ないのは階段の手すりぐらいでしょう。それ以外の部分については、別に今すぐ必要ありません。むしろいつでも手すりが取り付けれるように壁に補強材が組み込んでいる方が、よほど将来役に立つと思われます。それよりも大事なのは廊下幅ですね。広ければ広いほど良いというわけではありませんが、廊下幅はなかなか変更できませんので、ある程度の広さ(できれば85cm程度)はあった方がいいですね。

③立地

当たり前のことですが、立地環境によって過ごしやすさは全く異なります。特にお年寄りの場合は、経済的にも影響を及ぼします。どういうことかと言いますと、例えば、近くにスーパーのある家とそうでない家では、将来ヘルパーに買い物を頼むときに、その費用が全く変わってきます。スーパーまで10分で行けるところに住んでいれば、買い物に要する時間が30分ですむのに、20分かかるところに住んでいれば、倍のヘルパー利用料が必要となりますね。病院が近くにあるなしでも同じことが言えます。、また家の周りに坂が多いと、平面で暮らすお年寄りより、同じような健康状態なのに、坂のために一人で外出することができない場合だって考えられます。

若い方は「うーん、こんなことばっかり考えてたら選べないよ!」とお思いですよね?

今日の話しはあくまで参考ですので。

ただ、中には今からローンを組んだら定年する頃には完済できて、老後の住宅費が必要なくなると期待して家を買われる方や、そう勧められて買おうと思われている方もいらっしゃると思います。少なくてもそういう方にとっては、その家が「終のすみか」になる可能性が高いので、頭の片隅にでも残して頂ければと思います。

家は最も高価で難しい買い物です。満足できる家を購入したいものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一軒家orマンション?

先日の「持家or賃貸?」の続編のようなものですが、家を買うとしたら一軒家とマンションではどちらがいいのでしょうか?

それはもちろん、「好み」です。基本的にはそれしかありません。ただ、一般的には物音や間取りの自由度、共用部分の良し悪しなど様々なことが言われています。ありきたりなことを説明してもあまり面白くないので、ここではFP目線で比較したいと思います。

【FP目線での一軒家のメリット】:万が一地震で家が住めるような状態でなくなったとしても、土地は自分だけのものとして残るので、建て替えが自分の意思だけで自由にできます。昨年このブログで、阪神大震災で倒壊したマンションの建て替えを主導した人の話を紹介しましたが、マンションの場合の建て替えは非常に大変です。

【FP目線での一軒家のデメリット】:土地が広い場合だと固定資産税が結構かかります。またマンションのように管理費がかからないと思ったら大間違い。10年に1度の外壁塗り替えや、20年に1度の屋根の葺き替えなど、結構メンテナンス費用が必要になります。年間数十万円単位でリフォーム費用を貯蓄した方がいいでしょう。

【FP目線でのマンションのメリット】:管理費が必要な分、外壁や共用部分にかかわるメンテナンス費用が必要ありません。また比較的賃貸や売却がしやすいと言えます。もしバリアフリー設計なら、将来の福祉リフォームの必要性も少なくてすむでしょう。最近ではセキュリティの高いマンションも増えてきました。

【FP目線でのマンションのデメリット】:将来建物の耐久性が限界になったときでも、自分の意思だけでは建て替えができません。また水漏れなどを起こし、階下の住居に被害を及ぼした場合、損害賠償の義務が生じてしまいます。また以前のマンションでは、駐車場代が別途必要になる場合が多いでしょう。

とまあこんな感じでしょうか。冒頭でお話したとおり、基本的に個人の「好み」を最重視すべきだと思いますが、ちなみに私の好みはと言いますと・・・、

都心・駅近のバリアフリーマンションですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年!

新年あけましておめでとうございます。

経済・政局・外交など、波乱(?)の2008年が幕を開けました!様々な専門家による景気予測が飛び交う中、地元大阪から元気が発信できる1年にしたいな~と願う今日この頃です。

さて、2ヶ月以上もブログを更新しない間に何をしてたかと言いますと、ひたすらホームページづくりに没頭しておりました。

私にとって2008年は大きな転機となります。まずいよいよFPコンサルティング業に専念していこうと考えています。高齢者住宅・有料老人ホームの情報提供サイトも立ち上げました。

そもそも私はシニアライフを専門とするファイナンシャルプランナーとして活動していたのですが、中でも「高齢期の住まい」については、シニアライフに最も重要で欠かせない問題として意識してきました。ですので私のセミナー活動等は、「高齢者住宅」についてのことが多くを占めています。

私自身、「終のすみか」はやはり住み慣れた自宅に越したことはないと思っています。しかし中にはそれが叶わず、老人ホームなどに入居される方も多くいます。年をとったときに自宅は自由が保証される反面、危険な面も多々生じてきます。その住宅の設備や構造、立地・周辺環境などにより、自宅で過ごせる期間が大きく変わってしまうといっても過言ではありません。一方老人ホームは安全性が高い反面、自由度が制限され集団生活の色が強くなります。さらにどのホームが自分に合っているのか探すことも非常に苦労します。

生涯安心して過ごせる住宅づくりを提案する一方で、自宅での生活に不安を持つ方に対して、安心できる「終のすみか」探しがお手伝いできればと考えています。

というわけで、今後はホームページ・ブログから「終のすみか」に関する情報を随時発信していくつもりです。皆様のシニアライフに少しでもお役に立てれば幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

(ちなみに、ホームページのアップにはもう数日かかりますのでご了承ください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)